外壁塗装のリフォームを効果的に行うには!

建物は年月と共に劣化して来るものです

住宅建物も長い年月が経つ間には太陽光線の紫外線を受け続け、風雨に晒され続けて屋根や外壁が劣化して傷んで来ます。そして外壁がタイルであると浮きや剥がれが生じたり、モルタル下地の塗装であればクラックを生じたりしてそこから雨水が浸入し、雨漏れの原因になることがあります。あるいは壁の一部が剥離し落下して通行人に被害を与えることもあります。そういう保守の意味も兼ねて建物の診断を行うことも大切になって来ます。

それなりに見合った対策を

昨今の温暖化が叫ばれることもあって何とか住環境を良くする方法が模索されています。新築の場合には高断熱・高気密化住宅を目指し、樹脂サッシを使用したり二重ガラスにしたりという方法がとられるようになりました。ソーラーパネルで発電を行うとこれで電力料金を賄うこともできます。屋上をちょっと工夫し、庭園にしてそこを水はけを良くして芝生や植栽を行って室内の温度上昇を抑えるという方法もとられるようになって来ています。

リフォームにおいては

外壁塗装もリフォームを行う場合があります。その際は複数の業者に無料の一括見積等をとって塗装業者を決めることになります。塗装の種類には耐久年数約6年のアクリル系の塗料、耐久年数約10年のウレタン系の塗料、耐久年数約15年のシリコン系の塗料、耐久年数約15年のフッソ系の塗料、耐久年数約15年の光触媒・無機塗料、耐久年数約20年の遮熱・断熱塗料を使うといった方法があります。そしてこの遮熱・断熱塗料による塗装を行うと夏場は屋外温度よりも約4度C屋内温度が下がり省エネになるとされていて注目されています。

アパート塗装なら千葉の業者に依頼をすると、太陽の光や風雨によって劣化した部分も綺麗に塗り替えることが出来ます。