賃貸住宅の契約前に確認しておくことーその3選

両隣と上下階の家族構成

賃貸住宅を見て周り気に入った物件があっても、すぐに契約をしないことです。室内や外観だけでは分からないことがたくさんあるのです。例えば、お隣さんの家族構成や上下階に住まいの人たちの子ども達がいるのかどうかです。それから、それぞれ勤めているのかどうかも確認しておくことです。子どもが居れば、生まれたばかりの子なのか、小学校に通っているのかです。部屋は密室であっても、隣同士の音は聞こえるものですし、上階で子どもが飛び跳ねる音は響きます。

駅から歩いて何分は実際に確認

不動産屋が広告で掲載している歩いて何分は、実際に確認してみることです。また、スーパーマーケットや本屋さん、郵便局なども行ってみることです。スーパーとは言っても、ミニスーパーなのか大型スーパーなのかは、店内を回ってみなければわかりません。毎日の食材が揃うだけの品揃えなのかを確認することです。スーパーもコンビニも営業時間の確認は重要になります。郵便局などは、荷物を送る時に持参しなければならないので、歩いてどれくらいかかるのかは必要です。

季節に応じた周りの変化

その土地に初めて赴任して住む時には、季節のことを考えておかなければなりません。物件を見るのはたった数分のことですし、おそらく雨も降っていないでしょう。良い季節の天気の良い日に見たくらいでは、物件の良し悪しは分かるものではありません。できれば、その土地を知る人に聞いてみることです。冬の降雪や夏から秋にかけての台風シーズンで、この地域が注意しておかなければならないことです。特に、これまで受けた被害があれば詳しく聞くことです。

江別市の賃貸マンションは、快適に暮らせるための設備や防犯セキュリティがしっかりしているので、快適な生活を送ることができます。