やって損はない!上手な賃貸不動産の探し方

あらかじめ希望の条件を考えておくこと

不動産屋に行ってから賃貸物件を決めるということは、あまりお勧めできません。なぜなら、人間は選択肢が多いと選択をすることをやめるという性質があるからです。このことを選択回避の法則と言いますが、心当たりのある方もいるでしょう。2つのものから選ぶより、たくさんのものから選択する場合には、目移りしてしまい、悩んでしまうのです。そのため、賃貸物件を探す場合でも、選択肢を少なくするという観点から、ある程度の条件を定めておきましょう。

一番重要なのは毎月払う家賃

家賃は固定費用として毎月支払っていかなければなりません。途中で払えなくなってしまうと、最終的には追い出されてしまいます。そのため、賃貸物件の条件として決めておかなければならない一番重要な条件は家賃です。世間一般に、収入の3分の1が家賃の目安と言われています。これを超えると、支払い能力に問題が生じ、生活が循環しなくなる可能性があります。したがって、最高額はそれを目安に、生活がうまく回る予算内に収めておきましょう。

初期費用や更新費用も想定しておく

そのほか、敷金礼金等も、あらかじめ考えておかないとなりません。例えば敷金は家賃の数月分払わなければならないので、結構な負担となります。また、更新の際に払う費用も同様です。思っていたのより高い更新料であった場合、払えないと更新できなくなってしまいます。そこで、家賃と同様、これらの費用は計算に入れておくことが、賃貸物件の選び方において失敗しないための方策です。当たり前のことかもしれませんが、後先を考えないで決める方が多いのが実情ですので注意しましょう。以上を参考に、満足のいく賃貸不動産を探して下さい。

札幌の賃貸マンションは分譲マンションと同じくらい多くあるので、自分の条件に合ったマンションが見つかります。